地上波デジタル放送測定器について

地上波デジタル放送測定器について

地上波デジタル放送測定器について

地上波放送における空中電波は伝搬特性の優れたデジタル放送波とはいえ、降雨雪や外来電波により非常に厳しい物です。
当社当グループにおきましては、これらの業務携わる方々に放送局内から中継局、フィールド電波状況その他の電子計測器を推奨販売っしております。

デジタル放送信号アナライザ

ms8901aスペクトラムアナライザをベースにしたデジタル放送波変調解析用計測器。
デジタル放送電波の特性や障害解析に必要な測定をほぼオールインワンで備えた優れものです。BER測定は簡易測定となります。
発売後、CATV64QAMトランスモジュレーション伝送方式にも対応した解析がオプション対応可能となり、さらに利用範囲が広がりました。

地上波デジタル放送用フィールドアナライザ

MS2712EアンリツがNHKアイテックとの共同開発にてリリース。放送用の鉄塔の無線局登録点検用としてフィールド対応が求められており、小型軽量が特長。
デジタル放送波の電界強度から変調信号解析(MER/コンスタレーション)、遅延プロファイル、伝送パラメータや位相雑音などがフィールド対応にて測定が可能。ただ残念なのはBERは測定できない事である・・・

ベクトルシグナルジェネレータ

sfe100imgデジタル及びアナログ放送の中継送信局等にて、送信試験をその都度、実放送信号を流すには限界がある。また、様々なチャンネルや変調信号、障害のある放送波のシュミレーション(インパルス雑音、位相雑音、AWGN)等を発生させる事が出来る。ON AIRされるまでに、色々な想定をして事前準備が出来る。また、障害発生時、放送網のどこからどこまで悪いのかの”切りわけ作業”を促進させ、問題の早期解決に便利です。

建造物受信障害予測ソフトウェア

アドバンテストがNHK視聴者技術センターとの共同開発にてリリースした従来のアナログ電波放送で使用されていた”ビルエキスパート”のデジタル放送用としてリリースされた物です。通称”デジタルふぃーばー”と呼ばれています。地上波デジタル放送の端子電圧値と振幅周波数特性波形データを元に、マルチパスによる影響をシュミレーションして平均的なBERと等価CN比を求める事が可能なソフトウェア。放送網の中継局の電波の受かり具合を調査する事や、ビル等が建設された場合、付近の住宅施設の方送受信に悪影響を及ぼすギャップフィラー対策に用いられる。

シグナルレベルメーター

LF990 imgデジタル放送波 地上波、CATV、BS、CSのレベル測定から各変調信号のBER、MER、コンスタレーション表示が可能。ですが、変調信号のBER、MER、コンスタレーション表示については、簡易的なチェッカー機能のようで、障害要因の詳細解析調査には、スペック不足が感じられます。
地上波にしても、CATV、BS/CS放送の加入者宅内側でのアンテナや放送受信機器への適正受信レベルの測定。また、配線時に生ずる分配器などによる信号劣化の受信レベルの確認等、特に施工業者様にとって必需品です。リーダー電子製が、業界標準的に最も有名でよく使用されています。

ケーブルモデムシグナルアナライザ

CM1000本体にケーブルモデムを内蔵し、”DOCSISシステム”CATVでのインターネット方式に使われるシステムにてのダウンストリームとアップストリームの双方向でのネットワーク解析が可能な測定器です。それだけでなく、アナログ/デジタルの高精度レベルメータ機能や64/256QAMの品質評価(MER、BER、コンスタレーション)のためのQAMアナライザとなります。フィールドでの問題を速やかに解決に向けた検証が可能。
上記のシグナルレベルチェッカの機能も備えた機種なので、デジタル放送、DOCSISシステムも見越しての導入であれば推奨いたします。

ノイズマージンチェッカ

5283_margin_web地上デジタルテレビジョン放送の信号を新開発のアルゴリズムによる測定手法を用いて、受信C/NやC/Nマージン、等価C/Nを短時間で正確に測定する装置です。そして、放送信号が途絶えるしきい値までのノイズマージンを測定出来るチェッカです。

ベクトル・ネットワークアナライザ

zvlimgベクトル・ネットワークアナライザとは上記サイトマスタでは測定しきれない、アンテナ反射VS特性やアンプの入出力、フィルタ通過特性等もさらに詳細な測定が可能です。

コンパクトTVテスト復調器

ETL img小型軽量で、スペクトラムアナライザをベースにしたデジタル放送波変調解析用計測器。
デジタル放送電波の特性や障害解析に必要な測定をオールインワンで備えた優れものです。復調器を内蔵していますので、リアルタイムでのBER測定が可能となります。
CATV64QAMトランスモジュレーション伝送方式にも対応し、解析ソフトオプション対応により、WiMAX測定も可能となり、さらに利用範囲が広がります。

ハンドヘルドTVアナライザ

R&S ETHハンディタイプで、スペクトラムアナライザをベースにした地上波デジタル放送波変調解析用計測器。
デジタル放送電波の特性や障害解析に必要な測定項目をオールインワンで備えた優れものです。復調器を内蔵していますので、リアルタイムでのBER測定が可能となります。
高速測定も可能となり、さらに現場での判定解析の利用範囲が広がります。