無線通信測定器

無線通信測定器

無線通信測定器について

無線伝送通信システムは官公庁や業務用などで相当な需要があります。特に官公庁の施設間を結ぶ無線通信伝送システムは、近年のデジタル化を想定して、様々な形で発展しています。
当社当グループにおきましては、これらの業務に携わる方々に無線局構築時のスムーズな検証や無線端末の評価検証まで様々な計測器を推奨販売しております。

スペクトラムアナライザ

電気電力(レベル)の周波数特性が解析できる計測器で、横軸:周波数、縦軸:レベル(電力)にて波形表示する。
現在では、デジタル化されており、これにより周波数カウンタや複数波形表示、スプリアス一括表示、隣接チャンネル漏洩電力(ACP)、占有帯域電力(OBW)他無線通信の評価に必要な計測項目が便利になっている。

無線機テスタ

R&S CMA180消防、防災、業務用無線機端末(アナログ)の品質評価に必要な測定器がコンパクトに一体化されている計測器。携帯電話他デジタル無線機が主流となる昨今、製造するメーカーが少なくなって来ているが、まだまだ根強い需要がある。

スカラ・ネットワークアナライザ

S331Lトラッキングジェネレータ付スペクトラムアナライザをアンテナや伝送導波路の測定用に機能アップさせたような計測器です。携帯電話基地局建設時においては、無線基地局装置(BTS:Base Transceiver Station)からアンテナに至るまでの導波管や給電線の伝送ロスや長さ(電気長)、位相測定表示、またアンテナとの整合特性を示すインピーダンスや反射特性、電圧定在波比(VSWR)の測定が欠かせません。業界では、小型ハンディな”サイトマスタ”と言われる機種が有名。

RFパワーメータ

NRP2受信電力パワーを測定する。受信全帯域のパワーのトータル値を表示する。
主にアンテナの受信パワーを確認することにより、必要とする受信パワーと比較して、送信部の出力が強すぎるのか、弱すぎるのかを調整していくのに使われる。
最近では、センサヘッドにUSBケーブル接続により、計測器本体がPCで代用されるような機種も登場してきている。

アナログ信号発生器

SMB100A基本信号発生器として、実に幅広い用途がありますが、ここでは無線機の開発保守メンテや中継送信局の調整や検証などのための基準信号源としておすすめしております。

シグナル・アナライザ

MS2830A業務用デジタル無線基地局、中継局を施工試験、保守されている客先向けの計測器です。
当初は携帯電話向けの製品の色合いが強いものでしたが、幅広く業務用無線業界に向けてニーズに対応して販売展開している計測器です。列車、防災、消防、タクシー、警察などここ近年デジタル化の波がよせている中で要求に答えて来ています。

ベクトル・ネットワークアナライザ

zvlimgベクトル・ネットワークアナライザとは上記サイトマスタでは測定しきれない、アンテナ反射VS特性やアンプの入出力、フィルタ通過特性等もさらに詳細な測定が可能です。

シグナル・アナライザ

R&S FSV業務用デジタル無線基地局、中継局を施工試験、保守されている客先向けの計測器です。
当初は携帯電話向けの製品の色合いが強いものでしたが、幅広く業務用無線業界に向けてニーズに対応して販売展開している計測器です。列車、防災、消防、タクシー、警察など、最近の新スプリアス法の改正にも対応している機種で、ここ近年デジタル化の波がよせている中でも要求に答えて来ています。

メジャリング・レシーバ

R&S PR100小型軽量で、AM/FMのアナログ信号やデジタル無線LAN等の電界強度特性がリアルタイム測定解析できる計測器です。横軸:周波数、縦軸:レベル(電力)にて波形表示する事も可能。
周波数カウンタやスペクトラム波形表示、隣接チャンネル漏洩電力(ACP)、占有帯域電力(OBW)他無線通信の評価に必要な計測項目が測れます。

クロスドメインアナライザ

U3800ベクトル&スペクトラム信号解析装置として2チャンネル間の信号を位相同期によるベクトル解析できる世界初の計測器で、多重・混信・干渉信号測定、マルチパス遅延解析、EMCノイズ電磁界解析が可能。従来測定器では困難だった品質評価が可能になっている。