移動体通信測定器

移動体通信測定器

移動体通信測定器について

”移動体通信”文字通り移動しながらも連絡を取りあったりする通信概念を指しています。

当社当グループでは、主に携帯電話のモバイル市場をメインとしております。
携帯電話や基地局の製造メーカーから、施工試験、運用保守メンテまで幅広い計測器をご提供いたします。

モジュレーションスペクトラムアナライザ

MS2830A一部の携帯電話事業者では移動体通信基地局の開通には、デジタル変調解析試験データ提出が必要になっています。
このスペクトラムアナライザでは、専用のハードウェアが内蔵されており、各通信方式の変調に応じたこれまた専用のアプリケーションソフトウェアを組み込んで行くという物です。
基地局建設開通から、保守メンテに至るまで需要があります。

スカラ・ネットワークアナライザ

S331Lトラッキングジェネレータ付スペクトラムアナライザをアンテナや伝送導波路の測定用に機能アップさせたような計測器です。携帯電話基地局建設時においては、無線基地局装置(BTS:Base Transceiver Station)からアンテナに至るまでの導波管や給電線の伝送ロスや長さ(電気長)、位相測定表示、またアンテナとの整合特性を示すインピーダンスや反射特性、電圧定在波比(VSWR)の測定が欠かせません。業界では、小型ハンディな”サイトマスタ”と言われる機種が有名。

ベクトル・ネットワークアナライザ

zvlimgベクトル・ネットワークアナライザとは上記サイトマスタでは測定しきれない、アンテナ反射VS特性やアンプの入出力、フィルタ通過特性等もさらに詳細な測定が可能です。

ベクトル・シグナル・ジェネレータ

07-05GSM, GPRS, UMTS, CDMA2000, HSDPA,など様々な信号発生器に七変化していく事が可能なジェネレータです。
通信の開通されるまでに、色々な想定をして事前準備が出来る。また、障害発生時、通信網のどこからどこまで悪いのかの”切りわけ作業”を効率化を促進させ、問題の早期解決に便利です。

シグナル・アナライザ

R&S FSV携帯電話事業者では移動体通信基地局の開通には、デジタル変調解析試験データ提出が必要になっています。
このアナライザでは、各通信方式の変調に応じた専用アプリケーションソフトウェアを組み込んで行くという物です。
基地局建設開通から、保守メンテに至るまで需要があります。

ベクトル・シグナル・ジェネレータ

R&S SMBV100ALTE,WiMAX,W-CDMA,GSM,GPRS,UMTS, CDMA2000/EV-DO,HSDPA,等、様々な変調信号発生器に七変化していく事が可能なジェネレータです。
通信の開通されるまでに、製品開発試験で色々な想定をして事前評価が出来る。また、障害発生時、通信網のどこからどこまで悪いのかの”切りわけ作業”を効率化を促進させ、問題の早期解決に便利です。